第二子普通分娩★子宮口全開まで気付かず1人無言で耐えた出産レポ

まだまだコロナで緊急事態宣言が続く世の中ですが、2020年5月に第二子を無事出産しました

第一子と同様、とってもノーマルな普通分娩での出産です。
コロナ禍で立ち合い不可となり孤独な出産とはなりましたが、看護師さんもお墨付きの超安産でした♪

この記事では、ただただ私の出産体験をレポートしていきます。

1人産んでるから色々分かってるつもりでいたけど、全然違う思い出のお産になったよ

 

出産レポ

~陣痛の始まり~

[朝5:30]
長女(1歳8か月)に起こされて起床。
起床後すぐに陣痛っぽい張りと痛みがあり、陣痛タイマー作動。

[~7:00]
陣痛は5分・7分・10分とバラバラなものの、割と短い間隔で痛い。
痛みが引く間に娘のお世話をこなす。
朝ごはん作り、食事させて、おむつ替え2回(ダブルうんち)、お着替え、歯磨き、遊ばせる。
合間に洗濯物も回す。
旦那には声をかけたけど二度寝したため、まだイケるかなぁとなんとなく耐えながら過ごす。

[8:00]
キレ気味に旦那を起こす(笑)

[10:00]
元々この日は39週5日で11:30~妊婦検診予定だったため、まだ家で様子見。
陣痛の間隔が12分・18分とかになり、少し遠のく
この時トイレに行ったら織物っぽく今回の妊娠初のおしるしが出ていた。

[11:00]
産院に電話。

もう入院の準備をしてきてください~!

病院の送迎車回しますね!

うちの産院は同区内だと陣痛&退院時に自宅⇔病院間を送迎してくれる無料サービスがあるので利用。

[11:30]
旦那&娘とお別れ。
コロナの影響で病院の入り口まででも来るのは禁止なので、おうちの玄関で別れる。
娘はランチ中だったのでもぐもぐしながらテキトーにバイバ~イ(笑)

[11:50]
病院到着。
この頃陣痛の間隔は10分を超えててかなり遠のいていた。

内診しますよ~(グリグリ)
うん、子宮口4~5cmだからこのまま入院だね!

4人部屋です

このまま入院が決定!

[12:30]
そんなに陣痛来てないので、陣痛室じゃなく病室に通される。
荷ほどきし、昼ご飯が出てきたのでモリっと食べる。

昼ご飯

陣痛が空いてる間はとてもヒマ・・・。

[13:00]
今回の妊娠初のNST
陣痛時以外はヒマすぎてケータイでネットニュースを読み漁る。

前回もっと痛かったしこんなヒマじゃなかった気がする・・・
これは相当まだまだかなぁ

[14:30]
陣痛はだいたい7分間隔になる。
この頃から痛みは結構キツイ。ふぅ~ふぅ~言ってひとりで耐える。
腰もかなり痛くなってきて誰かにさすって欲しい。
痛みの1分間を耐えれば、残りの5~6分はケロッとしてるので、まだまだネットサーフィン中。

[15:00]
おやつが出る。

おまんじゅう

[17:00]
夜勤の看護師さんに交代の時間で挨拶に来る。

長女の時はちょうどこのくらいの時間に産んだんだよなぁ~

今回はまだまだ兆候ないので、深夜までかかるかな?と覚悟する。
点滴の準備で右手甲あたりに針が刺さる。

点滴の準備

[18:00]
陣痛が5分間隔に。
キテるときはめっちゃめちゃ痛い。
付き添いは誰もいないし、私の他に同室に1人いて赤ちゃんと母子同室だったので、あんまりうるさくしないようにふぅ~ふぅ~息を吐いて耐える。
1分間耐えればあとは大丈夫、と頑張る。
お腹や腰を触って、自分の手の温もりに救われる。

[19:00]
晩御飯が出たので、痛みに耐えながらなんとか食べる。

エビフライ美味しかった

ふぃ~ふぃ~言いながらトイレに行ったら更にドロッとしたおしるしが出ていた。
この時陣痛用に家から持参した1Lの水分を飲み干してしまった。

[20:00]
2回目のNST。
陣痛は3分間隔で痛みがかなりキツくなる。
腰の痛みがヤバい。自分でさすれないので悶絶。
ふぅ~ふぅ~だけだと無理になってきて小声でうなり続ける
でもまだまだかなと思ってナースコールせず。

[20:20]
トイレ(小)に行くか迷って、次の陣痛が終わったら行こうと思っていた。
けれど、陣痛が来たら耐え切れず、ここで初めてのナースコール
尿意のガマンと陣痛に同時に耐えられなかった。

ごめんなさい、おしっこ漏れます!漏らします!

ちょっと見せてくださいね~
あれ?
これもう赤ちゃんですね!

なんと!もう子宮口全開だったらしい。
看護師さんたちがバタバタし始める。
私はずっと無言で耐えてきたので、久しぶりに声を出すと謎のキャラに・・・。

ちょっと上向けますか~!

上ですかぁ~
ちょっと難しいですねぇ~
痛いんです~漏れそうなんですよ~?!

看護師さんが横向いてうずくまったままの私をどうにかして子宮口の確認?をしてくれ、すぐに車椅子で分娩室へ移動

分娩台へ・・・

 

[20:25]

車椅子乗りますよぉ~。
このままもう分娩室行っちゃいますよ。
もう赤ちゃん産まれますよ!

えぇ~これ赤ちゃんですか?
う〇ちじゃなくておしっこなんですよぉ~?!
おかしいなぁ~
痛いです~漏らします~もう漏らします~

1人目の時はトイレ(大)に行きたい感覚がずっとあったから、
今回のトイレ(小)に行きたい感じが赤ちゃんと言われても全然ピンとこなかった。
もう産まれますと言われて、陣痛室も飛ばしたので、「あれ、思ったより1人で頑張って耐えちゃったなぁ」とびっくり。

[20:30]
分娩台に着くも、台にしがみついたまま登れない。

このままだと赤ちゃん出ちゃうから台に登ってくださいねぇ~!

台に乗りますよぉ~
どっちが頭か考えてましたぁ~こっちかなぁ~?!

自分でもなんだこのキャラwと思いつつ、変なしゃべりが止められない。
「まだイキまないで」的なことも言われず、フリーでどうぞな感じ。
台に乗ったらすぐに破水

おっ出てます~
これは破水してますねぇ~
おしっこと思ったのはこれだったんですねぇ~?!
痛いです~
痛いんですよぉ~?!

陣痛が来たとき力入れてみたら、頭っぽいのが出てきておまたがメリメリ。
途中で止まる。

次の陣痛で産まれますよ~
痛くなったらイキみましょうね~!

えぇ~今痛いんです~
おまた痛いんです~
次まで待てないですよぉ~?!
早く~早く痛くなってくださ~い
あ~痛いです~痛いです~

[20:35]
次に来た陣痛でふんっと力んだらニュルッと産まれた
次女誕生!
あれっ?もう?早い!
こんな感じだっけ???とびっくり。
見た瞬間に、赤ちゃんの顔が長女に似てるなと思った。

 

~出産後~

コロナで立ち合い不可のため孤独出産なので、枕元に置いてもらっていた自分のスマホを即座に手に取る。
産声には間に合わなかったけど、出てきたばっかりの赤ちゃんの動画を撮影
はぁはぁ言いながら渾身のムービーゲット。

抱かせてもらい写真も撮ってもらう。

出産直後

赤ちゃんは一旦連れていかれて、私は後処理されるが、めっちゃ痛い。
胎盤出すの&尿管押すのは、1人目の時の記憶ほど痛くなかったけど、会陰の処理が痛すぎた。

ちょっとだけ麻酔しますね~

はぁ~い
あぁ~それすごく痛いです~
痛いですよ~?!刺さってますよ~?!

傷はほんのちょっとだし小さいですからね、すぐに終わりますよ~
深呼吸しててくださいね~

会陰に麻酔を打って傷を縫うのが、針や糸の感触がまんま分かってすごく痛い。

うわぁ今縫ってる~!
それすごく痛いですよ~?!
ふぅ~!ふぅ~!
痛いです~!痛いです~!

大丈夫、もう終わりますよ~
足、閉じないでパタンと倒してくださいね~

ん~足ですかぁなかなか難しいですねぇ
痛いんですよぉ~
足をパターンとね・・・痛いんです~!
足は難しいですよぉ~?!

なんかずっとよく分からないキャラでしゃべり続けた。
処理が全部終わって先生・看護師さんが居なくなり分娩室にぽつーんと残される。
赤ちゃんがなかなか来ないので、とりあえず動画や写真を旦那に送ったりケータイぴこぴこ。

あとで来てくれた看護師さんが温かいタオルで体を拭いてくれた。

お腹とおまたが痛いんです~
お腹が陣痛5分の時くらいのレベルで痛いんです~
すごい痛いんです~

あ、子宮の伸縮ですね。
後陣痛は経産婦さんの方がキツイんですよ~
ちょっと痛いですよね~

経産婦の方が色々余裕だと思ってたので、がびーんとなる。

 

~落ち着いてから~

産後ハイはあるものの、改めて新生児と向き合ったら小さすぎ&尊すぎ&可愛すぎで悶絶しています。
第二子となる娘は39週5日(予定日の2日前)に2600gちょっとの小柄ボディで産まれてきました。
分娩時間は8時間、分娩台に乗っていたのは5分足らずの超スピード安産でした。
第一子の時は廊下中に響き渡る声で絶叫していた私が、今回の出産では無言で子宮口全開まで耐えきったのが自分でも不思議です。
コロナのせいで旦那の立ち合いが叶いませんでしたが、かえって頼る人がいない状況で耐えられたのかもしれません。

子どもが2人に増え、これから家族4人で暮らしていくのが楽しみです♪

以上、私の出産レポでした^^

コメント