出産

【妊娠・出産】1人目と2人目はどう違った?私の体験談

先日、二学年差で第二子を妊娠・出産しました!
1人目と2人目とでは妊娠中も出産後も色々と違うなぁと感じることが多くあったので、私の体験談を紹介します♪

 

妊娠生活の違い
・妊娠週数が分かるアプリを入れなかった
1人目の時は妊娠が分かってすぐにトツキトオカのアプリをダウンロードしました。
妊娠週数はもちろん把握していましたし、お腹の赤ちゃんが今どんな状態か、毎日チェックしていました。
もちろん旦那にもダウンロードしてもらっていました。
1人目出産後アンインストールしていたのですが、2人目の妊娠が分かってもわざわざ再ダウンロードしませんでした。
今自分が妊娠何週なのか?が全く分からなくなり、妊婦検診で言われて「ふ~ん」という感じでした^^;
なー子
なー子
上の子を育てながらの妊婦生活は時間の流れがすごく早く感じたよ!

 

・お腹の毛が毛深くならなかった
1人目妊娠時は、お腹の体毛がすごく濃くなりました
すごく嫌だったのを覚えています。。
今回もなるんだろうな・・・と思っていたら、2人目の妊娠時は全く気にならないほどでした。

ホルモンのせいで毛深くなるのはしょうがないのかと思っていたけど、濃くならないこともあるみたい。

 

・わきの下にしこり(副乳)ができた
2人目の妊娠後期に急に右の脇の下にコリッとしたしこりを発見しました。
しこりって悪いイメージなのですごく心配になりましたが、これは副乳だそうです。
実は妊娠中に副乳ができることは珍しくなく、10~20人に1人はできるそうです。
母乳を作るホルモンの影響で、乳首じゃない場所でも退化した乳房の痕跡として乳腺が発達して膨れるみたいです。
出産後の今でもまだしこりは残っていますが、授乳期が終わると自然に無くなっていくそうなので、様子を見てみようと思います。

 

・静脈瘤のできる位置が変わった
1人目妊娠時は陰部静脈瘤になりました。
おまたが痛くてたまらず、陰部の血管が腫れている状態だと言われました。
「産めば治る」と言われ、特に治療も無くて何か月も辛かったのを覚えています。

2人目の妊娠時は陰部ではなく右足に静脈瘤が出ました。
ふくらはぎ~太ももにかけて、血管がボコッと浮き出ました。
でも1人目の時と違い、日常生活にはあまり支障が無かったので「これも産めば治るから良いや」と気楽に過ごしていました。

なー子
なー子
2回とも出産した後気が付いたら治ってたよ。

 

・おしるしが出るタイミングが全然違った
1人目の時は、出産の9日前(出産予定日の5日前)に初めておしるしが出ました。
2人目の時は、出産当日の陣痛中に初めておしるしが出ました。

 

 

1人目と変わらなかったこと(妊娠生活)

・やっぱり出べそになった
妊娠7ヶ月頃くらいから出べそになりました。
大きいお腹にひょこっと鳥のくちばしのようにおへそが出ていました。

なー子
なー子
2人目の時は、上の子が面白がって私のおへそをよくつついてたよ^^;

 

・お腹の出具合がほぼ同じだった
2人目の妊娠時は、「やっぱり2人目だからお腹が大きくなるのが早いなぁ~」と感じていました。
でも実際に母子手帳の記録の「腹囲」の欄を確認してみると、お腹の大きさは妊娠初期~後期までほぼ同じでした。

 

・産前の抜け毛がヤバい
どちらの妊娠時も、妊娠してから抜け毛がかなり増えました。
家の床に落ちている髪ゴミの量がかなりひどくなり、掃除をしてもしても髪の毛がどこかに落ちているような状態でした。
もちろんお風呂で髪を洗うとかなり抜けるので、排水溝の掃除も大変になりました。

なー子
なー子
産後の抜け毛ってよく聞くけど、私の場合は産前の抜け毛の方がかなり気になるレベルだったよ

 

・こむら返りで悶絶
足が急につる「こむら返り」は妊娠2回とも苦しめられました。
特に夜寝る時になることが多く、痛くて痛くて悶絶していました。
出産すると自然と無くなりました。

 

・妊娠9ヶ月頃から前駆陣痛
2回の妊娠中、両方とも実際の出産の1ヵ月くらい前から前駆陣痛を感じていました。
不規則ですが明らかにお腹の張りがあり、痛みも伴っていました。
1人目の時は「もういつ産まれるか分からないゾ」と今か今かと本陣痛になるのを待っていましたが、2人目の時には「どうせまだまだだろうな」と思い気長に待っていました。

 

・軽度な後期悪阻(食べ悪阻)
元々妊娠初期のつわりも食べ悪阻で、吐き気はあるものの実際に吐いたりはしない軽いものでした。
1人目も2人目もつわりはほぼ同じでした。
妊娠後期になると、空腹時や唾が出た時に吐き気を感じるようになりました。
食べていれば吐き気を感じずに済むので、好き勝手に食べた結果、2回の妊娠ともだいぶ太ってしまいました^^;

 

・出産前から初乳が出た
1人目も2人目も、妊娠中から母乳が少し出ていました。
1人目の時の初乳はかなり黄色でしたが、2人目の時は黄色からすぐに白色に変わり、出産時には普通の白い母乳がよく出ていました。
出産直後のカンガルーケア時に母乳を与えましたが、2人目には最初からおっぱいを飲ませられて感動しました。

 

・正中線はやっぱりできた
妊娠後期(8か月)に入った頃からお腹の真ん中に線が出来ているように感じました。
出産した後にお腹が戻ってくるとさらに濃くなり、妊娠中よりも出産後の正中線の方がかなり気になりました。

なー子
なー子
1人目の時、産後気づかないうちに線が消えてたから、2人目もそのうち消えるかなぁと気楽に構えてます♪

 

 

産後の違い

・会陰の痛みが段違い!
1人目出産後は、会陰の傷がとにかく痛くて痛くて日常生活がすごく辛かったです。
出産直後の入院中はトイレットペーパーなんて使えず、洗浄綿(濡れたコットン)で優~しく拭くしかありませんでした。
これは退院後も続いて、しばらくはトイレットペーパーが怖かったです。
もちろん座る時も激痛で、円座クッションのありがたみが良く分かりました。
入院中は常に痛み止めを服用していて、退院時に処方してもらい、産後もずっと痛み止めを飲みながらなんとか生活していました。

なー子
なー子
授乳や食事の時にどうしても椅子に座らないといけないのが苦痛だったなぁ・・・

2人目も会陰の傷を縫ったのですが、痛みはほぼ痛みがありませんでした・・・!
もちろん産後すぐは痛みましたが、入院中の産後3日目から普通にトイレットペーパーが使えるレベルまで痛みが引いていました。
円座クッションは有る方がラクでしたが、無くても普通に座ることができました。
痛み止めも処方してもらったものの、ほとんど使いませんでした。

 

・後陣痛は2人目の方が辛い
出産後に子宮が収縮して元に戻ろうとする痛みが後陣痛ですが、1人目よりも2人目の時の方がかなり辛く感じました
出産の直後でまだ分娩台にいるときからずっと「お腹が痛い」と言い続け、入院中も退院後も陣痛に似た痛みを感じていました。
看護師さんによると、「経産婦さんの方が痛みが強くなるみたいですよ」とのことなので、1人目よりも2人目の方が痛いというのは一般的なようです。

 

・授乳が最初からうまく出来た
1人目の時は赤ちゃんも私も正しい授乳の仕方が分からず、何十分もかかってようやく数ml飲めるという感じでした。
浅く吸ってしまうため乳首が傷ついて激痛だったので、すごくキツかったです。

2人目の時は覚悟していましたが、なんと初回の授乳からちゃんと飲ませることができました
授乳量も3日目には一度に40mlほど飲めるようになっていて、全く苦労しませんでした。

 

・メンタル面が全然違う!
1人目の産後直後は「ツラい」の一言でしたが、2人目の時は「とにかくカワイイ」しかありませんでした。
1人目の赤ちゃんももちろん可愛かったのですが、会陰やおっぱい等フィジカルな痛みに加えて、授乳がうまくいかず全く眠れない現実や、どうしたら良いか分からない不安でメンタルがガタガタでした。
2人目は慣れもあってか、精神的な余裕があって純粋に赤ちゃんの可愛さを堪能できました。

 

1人目と変わらなかったこと(産後)

・やっぱり産後3日目は涙が出てきた
1人目も2人目も、出産して入院中の産後3日目になぜか涙が止まらなくなりました
1人目の時は慣れない母子同室とうまくできない授乳でかなり参っていたこともあったので、「ツライなぁ」と感じながらの涙でした。
しかし、2人目の時は夜間は母子別室にしてもらい無理せず寝るようにしていましたし、授乳も最初からうまくできていてストレスフリーでした。
何もツラくないし悲しくなかったですが、なぜだかやはり涙が出てきて驚きました。
産後のホルモンのせいでしょうか?

なー子
なー子
精神状態が良くても悪くても産後は涙って出るんだねぇ

 

 

以上、1人目と2人目の妊娠・出産時の比較でした♪

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です