「抱っこdeシネマ」実際どうなの?赤ちゃん連れで映画鑑賞

赤ちゃんと一緒でも映画を楽しめる!
そんな素晴らしい企画「抱っこdeシネマ」に行ってみました!

普通の映画と何が違うの?実際行ってみてどうだった?という気になるポイントをレポートします!

 

抱っこdeシネマとは?
抱っこdeシネマは、ユナイテッド・シネマが主催する特別イベントの一つです。
「がんばるママ&パパに、もっと映画を」というコンセプトです。

公式ページより

赤ちゃんを抱っこして一緒に映画を見て良いよ、という回なので、「赤ちゃんが泣いてもお互い様・あやしながら映画を見てね」という何とも寛大なイベントなんです!

通常の映画との違いは?
普通の映画鑑賞との違いを挙げてみます。
  • 日付・上映作品・上映会場が指定されている
  • 照明が通常より明るい
  • 音量が通常より小さい
  • ベビーカーお預け可能
  • 上映中に赤ちゃんが泣いても騒いでもOK
  • チケットはオンライン購入不可

抱っこdeシネマは、イベント開催日に指定された会場でのみ鑑賞できます。
それぞれの回でどの映画が上映されるかは予め決まっているので、事前に公式ホームページを見て行きたい回を見つけておくと良いでしょう。

注意点としては、抱っこdeシネマのチケットは窓口でしか販売していないので、予約したりできません。
人気の日付や作品の場合は、当日少し早めに行ってチケットを購入した方が良さそうです。

実際行ってみてどうだった?
私は、ユナイテッドシネマとしまえんで上映されたアラジンを見に行きました!

アラジン!

旦那と一緒に行きたくて日曜日の回にしたので、チケットが売り切れるのではないかとヒヤヒヤでした。
11:30~の回で、10:15頃に窓口に行きましたが、2つ並びの席はあと5つくらいと言われました;;

やっぱり休日の回は人気みたいだから、早めにチケット買いに行った方が良さそう

まわりはこれでもか!というくらい子連れだらけです。

赤ちゃんまみれ

ベビーカー、抱っこ紐の方ばかりでした。
ちなみにチケットカウンターには、「抱っこdeシネマは赤ちゃん連れじゃない普通のお客さんはチケット購入できません」という掲示が出ていました。

少し時間をつぶしてから入場です。

どこかで赤ちゃんが泣いている

まぁ普通の映画館ですが、そこかしこに赤ちゃんがいるので誰かしら泣いています。

ベビーカーは会場の一番前の部分に集められていました。

ベビーカー置き場

これ良いな!と思ったのは、オムツ替えが会場内で出来るようになっていたことです!

階段脇のオムツ替えスペース

同時に6人がオムツ替えできるスペースがありました。
とても簡易的ですが、わざわざトイレに並ばなくて良いし、上映時間の直前でも、上映中でも、気にせずにパパッと出来ちゃうのですっごく良かったです!
 
映画が始まってからは、娘にお菓子を食べさせながらなんとか凌いでいました。
しかし、うちの子は結構ギャーギャー言っていました^^;
横にいた方は立ってあやしながら映画を見てました。

周りの赤ちゃん達がみんな割と大人しかったから、「うち煩いかな・・・」と申し訳なくなったよ

ユナイテッドシネマのページには「通常よりもライトを明るくします」と記載がありましたが、思ったよりも暗かったです。
通常と変わらないんじゃない?と思うくらいには暗かったです。
また、「赤ちゃんがびっくりしないように音量小さめです」と記載が合った通り、音量は小さかったです。
赤ちゃんがギャーギャー言ってて聞き取れないこともありました。
アラジンは有無を言わさず吹替しか選べなかったので、声のトーンが低いシーンは聞き取れず残念でした。

せめて字幕なら良かったのに・・・!

総合的には大満足でした!
映画館で映画を見るなんて出産後はじめてのことだったので、とても楽しかったです。
気になる方は、ぜひ公式ホームページをチェックしてみてください!

コメント