2人目が産まれて実感!買えば良かった・買って良かった育児グッズはコレでした

先日、2人目の子どもを出産し、現在育児中です。

2人育児をしていくなかで気付いた、
「これは買っておいて正解だったなぁ~!」
「1人目の時から買っておけば良かった・・・!」
などの個人的な正解・後悔グッズを3つずつ紹介します!

 

買っておいて良かった正解グッズ
  1. ネムリラ(オートスウィング)
  2. ミルトン(箱と錠剤)
  3. サニーマット

正解グッズ3

 

1人目の時に買っておけば良かった後悔グッズ
  1. 円座クッション
  2. ベビーバス
  3. おしゃぶり

後悔グッズ3

 

正解グッズ

1.ネムリラ(オートスウィング)

背中スイッチが発動しすぎて寝かしつけがかなりしんどかったので、1人目の子が生後1ヵ月くらいの頃に購入したものです。
お値段は張りますが、我が家はこれを買ったお陰でかなり助かってました。

私的には、やっぱり自動で揺れるオートスウィングタイプがイチオシ!

本当に良すぎて、以前このような記事も書いていました。

 

大きくなってきた頃には、リクライニングを最大まで立てて付属の机を付け、離乳食を食べる時のハイチェア替わりとなってくれていました。

付属のテーブル

ちゃんとハイチェアを購入した1歳9ヵ月まで、このネムリラで毎日3食食べてくれていました。

椅子の角度はここまで立てられるよ

うちは2歳差だからまたネムリラを使いたくてハイチェアを買ったけど、子ども1人予定の方や、兄弟で年の差を大きく開ける方は、ネムリラ1台あればハイチェアすら要らないかも

本当に優秀!

そして第2子が産まれ、怒涛の2人育児が始まりました。
背中スイッチの発動は懐かしく、カワイイなぁ~と微笑ましかったですが、やはり積もり積もる寝不足と日々の家事・育児の忙しさでどんどんと余裕が無くなってきました。

そんな中、ネムリラの存在は心の支えでした。
大げさに聞こえるかもしれないですが、本当にこれが無かったらストレスがヤバかったと思います。
下の子を抱っこしてユラユラしていれば大丈夫な場面でも、上の子がいると、どうしても下の子を置いて何かしなくちゃいけないことが増えました。

「今良い感じだったのに~!」と何度思ったことか・・・

1人しか子どもが居なかった頃に比べ、集中して寝かしつけができない状態が多々ありました。

そんな時、下の子をポイッとベビーベッドに置くと90%以上の確率でギャン泣きが始まりますが、「とりあえずネムリラで待っててくれっ!」と揺らしておくと、60%くらいの確率で泣かないで済みました。

夜は下の子の夜泣き+昼は上の子のお世話でものすごく睡眠不足なのですが、しんどい時はネムリラが寝かしつけてくれる・・・!というのが心の支えでした。
ネムリラの宣伝文句通り、最初は泣いてても5分くらい我慢して見守っていると、だんだん泣きが弱くなって寝てくれるので助かりました。

もちろん寝ないこともあって効果は100%じゃないけど、もうこれは絶対に買う価値あり!

本当に最初から買っておいて良かった!

 

2.ミルトン(箱と錠剤)

哺乳瓶等を消毒する衛星グッズとして、うちではミルトンを購入していました。
上の子が産まれたばかりの頃は頑張って煮沸消毒していたのですが、面倒すぎてミルトンの箱と錠剤タイプを購入しました。

ミルトン

はじめてのミルトンセット

ミルトン容器に水を入れて錠剤をポイッとすれば完成なお手軽さがとっても良いです!
できた消毒液は24h有効なので、手間いらずです。
消毒自体は1h以上入れておけば良いだけでとても簡単です!

うちは完母だけど、それでも消毒するもの結構あるよ!

搾乳グッズやおしゃぶりを消毒したり・・・
消毒液があればポイッと放り込むだけなので、2人育児でバタバタしていてもちゃんと消毒ができました!

ついでだから、上の子のおもちゃや食器、マグマグとかもぽいぽい入れて消毒してたよ!

(1歳過ぎ頃から消毒やめてたからネ^^;)

 

3.サニーマット

インスタで知ったサニーマットは、上の子を妊娠中に購入していました。

サニーマット

サニーマット

妊娠中から月齢フォトの撮影にあこがれていました。
上の子が1歳になるまで毎月サニーマットで写真を撮影し、月齢フォトの記録を残すことができました!

1年分の記録

今回2人目が産まれて、また月齢フォトを撮ることにしました。

新生児期は1人目に比べても目まぐるしくあっという間に終わりましたが、サニーマットを購入しておいたので生後1ヵ月の月齢フォトもスムーズに撮影できました。

たかが写真・・・だけど、イベント的に定期的に撮影することが私の楽しみになってたよ♪

うちは毎日サニーマットを敷いているわけではないのですが、たまに出すと上の子はとても喜んでおもちゃを広げたり寝転んだりしています。
使わない時はくるくるまるめて収納できます。

ごろんするのに最適

友達の子どもがうちに遊びに来た時も、赤ちゃん達の居場所として重宝していました♪

お友達と

サニーマットは色んなデザインが売られていて、既製品の他ハンドメイド品も多くあるみたいなので、好みのものを見つけたら毎日が少し楽しくなるかもしれません♪

 

後悔グッズ

1.円座クッション

1人目出産後は会陰の傷が痛みすぎて、授乳や食事の時に椅子に座ることすらツライ状態でした。
円座クッション(ドーナツクッション)を買えば良かったのに、傷が治ったら要らなくなるし・・・とガマンをしてしまい、とてもツライ産後を過ごしました;;

なるべく横になるようにはしてたけど、食事の時はバスタオルを丸めてドーナツ型にして敷いてみたり、授乳の時に痛くて悲鳴を上げたり・・・

大変だったなぁ^^;

会陰の傷が治るまでの1ヵ月ちょっとの間だけでも、やっぱり痛いのはツライと分かったので、2人目を妊娠してすぐに円座クッションを購入しました。

・・・が!
なんと、2人目出産後は会陰の傷があまり痛まず、クッション無しでも普通に座れるレベルだったのです。

1人目の時大変だったから、2人育児であんなに痛かったらやっていられないだろうと思って購入したものの、そんなに痛くないので使わなかった・・・というオチでした。

どうせなら1人目の時、産後にすぐに買っていれば良かったと大後悔><

 

2.ベビーバス

沐浴はどうせ最初の1ヵ月しかしないからと、1人目の時はベビーバスをレンタルにしました。

ベビーベッドをレンタルしたから、ついでに一緒にベビーバスもレンタルしちゃえ!って思って1ヵ月だけレンタルしたよ。

1ヵ月のみのレンタルは正直とっても短かったですが、延長せず期限通りに返却しました。
そもそも、沐浴は新生児期の1ヵ月間だけ、と思い込んでいたのが間違いでした。

生後1ヵ月になってもまだ首は座っていないし、大人と同じお風呂に入れるのはなかなか大変です。(特にワンオペでは厳しい><)
せめて首が座るまではベビーバスがあれば良かった・・・と思いながら、なんとかやってきました。

 

そして第2子が産まれ、結局ベビーバスを購入しました。
よく考えればベビーバスは大した金額でもないし、折り畳めるもの・空気式のもの等、収納がしやすいタイプも多々あります。
レンタル代も特に安いわけでもなかったので、1人目の時から買っておけば良かった・・・と思いました。

 

3.おしゃぶり

なんとなく使わない方がイイ気がする・・・と拒否していたおしゃぶり。

よく聞く「歯並びが悪くなる」等は、最近のおしゃぶりは「出っ歯になりにくい」設計のものも売られていて、ばぁば世代が心配するようなものとは進化しているんですよね。

でも私はなんとなく、初めての子どもには「おしゃぶりはさせない方針で育てよう!」って決めてしまったの;;

生後6ヵ月くらいの小さい頃に、ママ友の子どもがグズった時におしゃぶりですぐに落ち着く姿を見て、良いなぁと羨ましくなりました。
ちょうど海外旅行も控えていて飛行機でのグズりも心配だったので、この時初めておしゃぶりを購入。
しかし、生後6ヵ月の子どもではもう遅すぎたのか、おしゃぶりは全く使ってくれませんでした。

2歳前の今では指しゃぶりがクセになってて、やめさせるの大変そう><

2人育児ではグズグズさせないことに全力投球したかったので、迷わず産まれてすぐからおしゃぶりをさせよう、と決めていました。
まだ産まれてからたったの1ヵ月ですが、グズりが軽減されることが多く「使って良かった!」と実感しています。

ハンドリガード(自分のお手手を見つけること)がまだの低月齢のころは、自分で指しゃぶりすら出来ないからよくグズるけど、おしゃぶりで解決できる時も多い!

もちろんダメなこともあるけど、ネムリラと一緒で絶対にあった方が良いなと個人的には思います!

これから成長していくにつれて、お外でグズる時におしゃぶりを使ったり、寝ぐずりをおしゃぶりで解決できたりするかなと期待しています♪

 

以上、買ってよかった&買えば良かった育児グッズでした。

コメント