なぜセカンド抱っこ紐にはヒップシートがおすすめなの?デメリットも解説!

妊娠後期に抱っこ紐を購入し、その後子供が生後6カ月の時にセカンド抱っこ紐を購入した新米ママです。

私は「ヒップシートを買おう!」と決めていて、色々なヒップシートを自分なりに比較した結果、ニューマジック7を購入したのですが、そもそもなぜヒップシートにしようと思ったのか?

セカンド(もしくはサード)抱っこ紐として、ヒップシートをおすすめする理由を解説します!

 

待って待って。そもそもヒップシートとは・・・?

 

ヒップシート(もしくはヒップシートキャリア)は、次世代抱っこ紐として注目されている新しい抱っこ紐です!有名どころは韓国のBaby&me社で、一番よく見かけます。

Baby&meのヒップシートキャリア

ヒップシートは基本、腰のベルトでウエストポーチのようなものを装着する形です。

ウエストポーチ部分の台座は耐久設計になっていて、赤ちゃんをこの上に座らせて使います。キャリアと呼ばれる抱っこ紐の上のパーツはヒップシートとセパレートになるものが多く、ビップシート単品でも、キャリアとくっつけて抱っこ紐としても使えます。

さて、これだけではよく分からないと思います。なぜヒップシートが良いのか??私なりの思いを解説します。

 

身体がラクになる!!
ヒップシートを検討している人の大半は「抱っこ辛くなってきたな~」っていう人たちだと思います。いくら良い抱っこ紐がたくさんあるとはいえ、赤ちゃんが成長していくにつれ、重いものは重いツライものはツライ
だから、「少しでもラクになる抱っこ紐が欲しい」と誰もが思うはずです。
ヒップシートは、肩と腰のベルトだけで赤ちゃんの体重を支える従来の抱っこ紐とは違い、台座の上に座らせる形になるので、肩や腰で感じる負荷がかなり軽減されます。
抱っこ紐で米俵より重い子どもを抱っこしていると、肩や腰がバッキバキになりますよね。これを軽減してくれるんです。

 

ちょっとだけ抱っこ、がすごくスムーズ
従来型の抱っこ紐は、子供を抱っこしたり下ろしたりするのに、結構手間がかかるものが多いです。
抱っこ紐の脱着って、地味に手間取りませんか?特に子供を抱えていると。
でも、ヒップシートなら、単体で使うとき、子供をポンと乗せるだけ。手で支えればOK(ねんねの時期はこれはできないです)がっつり抱っこ紐に入れて移動します!って時だけ、キャリア部分を取り付ければ良いんです。
うちの子はまだ歩かないですが、もっと大きくなって歩きたがる時期に、歩く→抱っこ→歩くっていうループがめちゃめちゃラクになること間違いなしです。

 

対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶ、ヒップシートだけ・・・と多様な使い方が可能
ヒップシート型も少しメジャーになってきたのか、調べてみると色んな商品が出ています。
どのメーカーが出しているものでも、対面抱っこと前向き抱っこは当たり前にできるものが多いようです。ヒップシートとキャリアの取り外しもほとんどのもので出来るので、ヒップシート単体でも使えます
従来型の抱っこ紐も同じですが、まぁ普段はほとんど対面抱っこで使うとしても、色々な使い方ができるというのは嬉しい機能です。

 

装着手順がシンプルで簡単
ヒップシート型の抱っこ紐は、どこのメーカーでも基本構造は「台座に乗せる」なので、乗せて→支えて→固定するという手順のみで簡単です。
従来型だと、例えばエルゴなら子供のおなかにベルトを付けたり。慣れるまで難しかったりしますよね。プチストレスはなるべく減らすに越したことはないので、簡単に着脱できるのはとっても良いです。

 

従来型より密着度が低いから、暑さが軽減される。
従来型の抱っこ紐は、親の胸~お腹と子供がピタっと密着するので、結構暑くなりがちですよね。夏は言わずもがなですが、冬でも、睡眠中の子供は体温が上がるのでまるでカイロ状態。
ヒップシートキャリアは、親の体ではなく台座に体重を預けるので、少し密着度が下がるんです。だから、暑い!汗がたまる!っていう現象が回避されます。

 

なんだか良さそう。
でも、良くないポイントだってあるでしょう??

もちろん、ヒップシートにはデメリットもあります

従来型の抱っこ紐と比べて、これまで挙げてきたようなメリットがある分、従来型には無かったデメリットがあります。私的な観点から見ると以下の2つです。

 

ヒップシートがデカい。とにかくデカい。ダサイ。
子供を台座に座らせる、というのが基本設計なので、この座るためのウエストポーチみたいなのがまぁデカい。正直ダサイです。

私にはすっごくデカく見える・・・

最悪なのが、子供を抱っこしていないとき。自分はヒップシートを付けているけど、子供が乗っていない。この時、お腹部分にドーーーーンと突き出るウエストポーチ。
う~~ん・・・子供を支える部分だから大きいのはしょうがないし、もちろん安全が第一だけど、ダサいのは嫌だなぁ。

 

どうしてもかさばる。使わない時すごく邪魔。
ヒップシート部分に台座があるから、この部分がどうしたって小さくならないんです。
例えば抱っこ紐でお出かけして、お店について、子供を下ろして、抱っこ紐脱いで、、、。すっごい荷物になるなぁ。邪魔じゃない?

 

なるほど。確かにデメリットはちょっと気になる。

・・・
でも!やっぱり最優先事項はいかにラクに抱っこができるか。これに尽きます。だから私は、これらのデメリットがあったとしてもヒップシート型の抱っこ紐を購入しよう、と決めたんです。

有名メーカー各社のヒップシートキャリア比較はこちら

しかし、結果的に私が購入したヒップシートは、先述のデメリット2つを見事に克服してくれていました!

私が購入したアイエンジェルのニューマジック7についての記事はこちら

すっごくオススメで、ママ友みんなに触れ回っているほどです。
なんかi-angelの回し者みたいになっていますが、私はこれを宣伝しても何も得していません(笑)
ただただ感動しているので、世の中に広めたいんです!
ぜひチェックしてみてください!

コメント