おうちアイテム

七変化するベビーサークルマット!おうち遊びが充実しました

リビングに子ども用スペースを作るため、娘が0歳の時に購入したGgumbiのベビーサークルマット。

形を色々変えて使ってみたら、おうち遊びがかなり充実したものになりました!

この記事では、娘が成長して2歳になってからもマットが活躍している様子を写真たっぷりで紹介します。

0歳で購入した頃

 

 

Ggumbiのサークルマットとは

色んな形に変えて使えるベビー用のプレイマットです。
子ども仕様のお部屋作りに迷った結果、サークルマットを購入しました。

ベビーサークル?ジョイントマット?なに買う問題はバンパーマットが解決してくれるかも子供がいる家のインテリア、どうしてますか? carazのプレイマットを買うか、ジョイントマットを買って敷き詰めるか・・・でもそうす...

 

おうち遊び

2人目を妊娠し、出産間近になってきた頃、コロナの影響で外出ができなくなりました。

なー子
なー子
上の子をどうやって遊ばせようか・・・毎日悩みの種><

ダイナミックな遊具になった!

1歳を過ぎて歩き回れるようになってから、サークルマットは使わなくなって部屋の隅に仕舞いこんでいました。

しかし、おうち時間が増えて、マットが思わぬ遊具に大変身しました。

level1:ただ置くだけ

マットをただ置くだけで、なぜか娘は大興奮!

おもちゃ基地

自分の基地のように、おもちゃをマットの上に集めてよく遊んでいました。

ぶーん

 

level2:一部折りたたんで置く

このGgumbiのマットは折りたためるので、畳んで高さを出してみました。
これが子どもに大好評!

椅子みたいに座ったり
おもちゃを並べたり

しばらく気に入って、おやつは椅子ではなくマットに座って食べたがりました。
また、このマットをひたすら上り下りする光景もよく見かけました。

上り下り
ずっと動いてる
なー子
なー子
家の中で体力使う遊びができてすごく良かった!!

 

level3:角度をつける

クッションを挟んでマットに角度を付けてみたら、大ヒット!
坂があるだけで、遊びが無限大に広がりました。

よじ登ったり
ボールを転がしたり

持っているおもちゃを色々転がしてみて、転がるモノと転がらないモノがあるねって学んだり・・・。

なー子
なー子
子どもが一人遊びしてくれる時間がかなり伸びたよ!

 

level4:立ててみる

マットを囲いのようにして使うことで、これまたダイナミックな遊びができました。

立ててみた

大規模ないないないばあ・かくれんぼができて子どもが興奮していました。

トンネル?

トンネルもどきを作ったら、にやにやと嬉しそうに行ったり来たりしていました。

 

level5:滑り台

ソファに立てかけてみたら滑り台みたい!
うちには滑り台とかジャングルジムとか遊具が無いのですが、これだけでもう大喜びでした。

「落ちるぅ~!」
滑り台ごっこ
なー子
なー子
この遊び、本当に延々と繰り返してたよ~。
相当気に入ったみたい

上からボールを転がし下に置いたおもちゃを倒す、ボーリングごっこもブームになりました。

ボーリングごっこ

 

友達が来ても安心

お友達が遊びに来る時は、サークルマットは必ず広げておくようにしています。

子どもエリア
なー子
なー子
おむつ替えをも、ここならお互い気を使わない!

夏にベランダプールをした日も、このマットがあって大正解でした。
みんな身体が多少濡れていても気にせず自由に遊ばせられます。

濡れても汚れてもOK
なー子
なー子
皆でスイカを食べたりしたよ!マットの上なら汚れが気にならないから本当にラク♪

 

2人目育児でも活躍

我が家では2歳差で2人目の子どもが生まれ、また赤ちゃんとの生活が始まりました。

普段はベビーベッドに寝かせていますが、ベッドがあってもサークルマットが活躍しています!

ベッドで漏らした時の避難場所に

0歳児ってうんち・おしっこ漏れますよね。
普段ベビーベッドに寝かせていて、ベッドが汚れちゃうこともしょっちゅうあります。
そんな時、シーツ変えたり処理する間、ポンッと置ける場所があるのがすごく助かっています。

なー子
なー子
床じゃなくて柔らかいマットだから寝返りしても安心!
涎を垂らしてもすぐ拭けて清潔~
お風呂あがり

お風呂に入れようと思ったらウンチ漏れてた!って時も、とりあえずお風呂入れて、マットでケアしてから後でゆっくりベッドの処理ができました。

上の子との交流もさせやすい

普段、赤ちゃんは常にベッドの上にいて、上の子は部屋で自由に遊んでいることが多く、かなり意識しないと子ども達同士の触れ合いがほとんどありません。

でも、たまに下の子をマットでごろごろさせてあげると、子どもたちを同じ空間にいさせることができました。

同じ空間にいられる
なー子
なー子
2歳差で上の子がちょうどイヤイヤ期&赤ちゃん返りもヒドくて、最初は2人育児にかなり苦戦・・・。
視界に入る範囲にお互いがいるっていう時間を少しずつ増やしていったら、上の子が赤ちゃんをイヤがらなくなったよ!

 

皆に勧めたい!

ジャングルジムや滑り台、ブランコなどの遊具が無い我が家ですが、マットが遊具変わりになっておうち時間を充実させることができました!

なー子
なー子
正直赤ちゃんの時しか使わないかなと思ってたけど、成長してもかなり使える!
嬉しい誤算♪

ジョイントマット+ベビーゲートでリビングを子ども仕様にするのが一般的だと思いますが、色々な形に変えて使えるサークルマットという選択肢はかなりオススメです!

小ぶりなサイズからかなり巨大なものまでサイズ展開も豊富なので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です