ヒップシート

すごい最新ヒップシート発見!キャリアにもなって新生児から使えるTodbi(トッドビー)って知ってる?!

普通のキャリアにもなる3WAYのヒップシートで、新生児の赤ちゃんでもインサート無しで使えるTodbiのHidden360というヒップシートがすごすぎる!

 

韓国のTodbi(トッドビー)というメーカーを初めて知り、ありそうで無かった機能が満載で「ナニコレ良いじゃん!」と感動が止まりませんでした!

これまでは元々の抱っこ紐にプラスして、重くなってきてから追加でヒップシートを購入するパターンがほとんどでした。
しかし、このトッドビーのヒップシートなら、最初からこれ1本でOKなんです。本当にすごいので、ぜひ紹介したいと思います!

その名は「ヒドゥン360」!

todbi(トッドビー)という韓国メーカーのHidden360(ヒドゥン360)という」商品です。
公式ページより

何が良いのか、まずはポイントだけ箇条書きにしてみます。

すごポイント
  • ヒップシートキャリアとしても、普通の抱っこ紐としても使えちゃう!
  • インサート無しで0ヵ月~使用可能!
  • 横に大き目のポケット収納あり
  • 特殊加工生地で抗アレルギー
  • エルゴみたいに子どもの股開きを調整できる
  • スリーピングフードの柄がすごくおしゃれ
  • リフレクションラベル付きで暗い時でも安心

私がこれまで見てきた様々なヒップシートには無かった新機能がとてもたくさん盛り込まれています!
しかもかなり実用的!

それぞれについて詳しくご紹介します!

なー子
なー子
公式ページでは日本語の説明が見つけられなかったから、グーグルさんの力を使いながら日本語に翻訳するのがんばったよ!><

 

特徴を紹介!

トッドビーHidden360の詳しい特徴を紹介します。

全体像

まず、トッドビーのHidden360のヒップシートの全体像は以下のような感じです。
全体像

ヒップシートの台座の途中部分からキャリアと接続しているため、台座が目立たずかなりスッキリした印象です。

台座の中身がエアクッション

他のメーカーのヒップシートと圧倒的に違うところ!
それは、台座の中身が2層構造になっていて、エアクッションというのを採用していることです。

2層構造
2層構造の台座

このエア部分を調整することによって、このトッドビーHidden360を1つ持っているだけで、普通の抱っこ紐ヒップシートキャリアヒップシート単体という3つの形で使うことができます!

色々な使い方が可能

 

ヒップシートを潰して使える

台座の中身を外してシートを潰すことで、普通の抱っこ紐として使えます!
これによって、これまで首座り(3~4ヶ月)以降の赤ちゃんでないと使用できなかったヒップシートキャリアが、なんと0ヵ月から使えるんです!
※ヒップシート部分をつぶしてキャリアにした場合です。

 

なー子
なー子
え!これってすっごくない?!
首据わり前&首据わり以降とで抱っこ紐やインサートを追加で買わなくても良いってこと!
あとね、年子・2歳差兄弟の子どもがいる場合、上の子と新生児とで同じキャリアが使えるってこと!!

抗アレルギーファブリック

生地にこだわっていて、抗アレルギー素材だそうです。
ほこりやダニを遮断してくれる生地なので、まだ幼い赤ちゃんにも安心!

 

生地がスゴイ
新生児でも安心できる!
赤ちゃんに触れるものだし、特に新生児から使えるからこそ、安心して使えますね!

 

反射ラベル付き

もう1つの特徴が反射ラベル!

 

反射ラベル
反射ラベル付きの抱っこ紐なんて、私見たことありません!
赤ちゃんを抱っこして真夜中に出歩くというシチュエーションはあまり無いですが、冬とか夕方になるとあっという間に暗くなっちゃった・・・という時ありますよね。
あったらちょっと嬉しい、ナイスな機能だなと感心しました。

 

帝王切開後のママでも使える

台座の部分にエアクッションがあると前述しましたが、それによってママ側の負担も軽減されるそうです。
ママのお腹にあたる部分は、帝王切開後の方でも付けられる設計になっています。

特許取得のエアーシート
ちなみに、この技術で世界初特許を取得しています!

 

低重心設計

簡単に幅調節できる隠れレール

赤ちゃんの股部分の広がりを調整できるレールが付いています。
これはメジャーなエルゴの抱っこ紐にもある機能ですね。

調節機能あり

赤ちゃんの股部分だけでなく、大人の肩ベルト部分も調整が可能です。

調整レール

ヒップシートの形

大きさが気になるヒップシート部分の形はこんな感じです。

ヒップシート部分

なかなかコンパクトに見えます!
機能性が良くても、やっぱり台座がどどーんと出るのは気になっちゃうので、これなら良いなと思いました!

メッシュ素材

メッシュ

他メーカーのヒップシートでも実装されているものは多いですが、メッシュになっているのは良いですよね。
夏はもちろん、冬でも寝ているときに赤ちゃんが汗だくになったりするので、抱っこ紐は絶対メッシュが良い!と私は思っています。

サイドポケットあり

収納は、腰ベルトのサイド部分にベリベリ式のポケットがあります。

フィーチャーpoint

これまでのヒップシート選びで気にしてきた収納に関しても及第点です!
横に広く、スマホが入りそうなサイズです。

これまで私が使ってきたニューマジック7は、台座の収納力がバツグンだったのですが、強いて言えばすぐに出し入れできるポケットが横に欲しいなぁと思っていました。
腰ベルトにポケットがあるのはナイスです!

くすみカラー5色展開!

カラーバリエーション
カラーラインナップは、シンプル系とカワイイ系の両方を取り揃えています。
無難に行きたいならグレー、チャコール。
ちょっとおしゃれな感じがダークミント。
可愛く個性的なのがパステル系のミント、ピンクでしょうか。
標準で付属しているスリーピングフードの柄もすごくカワイイし、好みによって選べますね!
なー子
なー子
個人的に、スリーピングフードは絶対欲しい機能だから標準装備で嬉しい!
しかも柄はやりすぎない可愛さですごく良い!

 

これ1本で良い抱っこ紐

実は私、トッドビーを知る前の1人目育児中にヒップシートの存在を知って、重くなってきた負担を軽減するために購入しました。

新生児からの抱っこ紐+ヒップシートキャリアとの2本持ちした。
でも、トッドビーのHidden360なら1つ買っておけばOK!だったんです。

 

新生児の頃はヒップシート部分をなくして普通の抱っこ紐として使い、首が据わって重いなぁと感じるようになってきたらヒップシートに座らせるようにすればイイ!
すごい!
画期的ですね!

 

3WAY!
さらにナイスなのは、年の近い2人育児の場合です。
なー子
なー子
1人はベビーカー、1人は抱っこ紐・・・。
でも、上の子が抱っこしてって言ってきそうだなぁ・・・。
重いからヒップシートで抱っこしたいけど、下の子は首据わるまでは使えないから抱っこ紐2本持ち歩かないといけないのかなぁ・・・
荷物多いなぁ><
でもこれなら!
トッドビーHidden360を1本持ってればどっちにも対応可!
めちゃめちゃ良いじゃん!と感動しました!

 

まとめ

第二子を妊娠して今後の育児生活を考えていく中で、初めて出会ったTodbi(トッドビー)というブランド・・・。
すごく良くないですか?!

 

特に私には、キャリアにもなる3WAYで新生児の赤ちゃんでもインサート無しで使えるというのが最大の魅力に感じました!

 

私が初めてトッドビーのことを知ったのは日本での販売もされている、ヒップシート専門店のToku Seeさんのサイトでした。
実物を入手したらぜひレポートをしたいと思いますので、気になる方は是非チェックしてみてください!
※当ブログでご紹介した画像のうち、青背景になっている文字はすべて私が記入しました。
公式ページの画像内の韓国語をグーグル翻訳で日本語に訳したものですので、訳はカンペキで無い箇所があると思いますが、ご了承ください。
スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です