やってしまった・・・。夜中に子供を頭から落としてしまった話と救急の対応について

半年前に子供が生まれ、主人と娘と3人暮らししている新米ママです。

主人はいつも帰りが遅く、24時を回ってから帰ってくることもしばしば。娘が産まれてからは頑張って早く帰ってきてくれていますが、まぁそれでも朝~夜まで娘の世話はほぼ1人でやってる状態です。

生後6か月ちょっとになった先日、娘を高いところからドーンと落としてしまい、頭を打ってしまいました。

結果的に問題はなかったのですが、ものすごくパニックに陥ってしまったので、緊急時の対応やどこに電話したらよいか、などの情報を共有します。

 

子どもが落下した状況
夜6時ころ、娘をお風呂に入れました。もちろん私1人です。
いつも通り、私が先に全身を洗う→娘を迎えに行く→膝の上で洗う→バスタブに一緒に入浴という流れです。

1人でお風呂に入れるのはずっと試行錯誤してきて大変だったけど、生後6か月にもなって結構慣れてきてました。

私はいつも、お風呂上りは脱衣所の洗面台で子供の世話をしています。

洗面台にお風呂の浴槽のフタがベストマッチ!これを発見してからは毎日ここにバスタオルを置いて、子供を拭いたりスキンケアをしたりしていました。

こんな感じ

この日もいつものようにお風呂上りの子供をこの上に置いてバスタオルでくるみ、軽く拭いてあげてから自分の体を拭いていました。もちろん目の前にいました。目も離していたわけでもありません。「お風呂気持ちよかったね~ちょっと待ってね~」って話しかけながらチャッチャと体拭いてたんです。

 

本当に一瞬でした。

 

気が付いたら、子供が床に落ちてたんです。

なにが起きたのか、一瞬理解できなかった・・・

寝返りを2回転したみたいなんです。

寝返りができるようになってから、この台の上で寝返りをすることは何度もあり分かっていました。でもいつもスローだったし、「あ、寝返りするな」って見てて分かるから大丈夫だったんです。

でもこの日は、超高速。しかも2回転。目の前にいて見ていたにも関わらず、落下してしまいました。

大人の腰くらいの高さです

ゴツン!という鈍く大きい音がしました。床にいる娘と目が合いました。
娘は全く泣いていませんでした。ポカンとしていました。

私はそれを見て、背筋がゾッとしてしまい、悲鳴を上げました。

絶対に痛かったはずなのに、泣いていないなんて・・・なんかヤバいかもしれない。怖い。

悲鳴を上げた私を見て、娘は泣き始めました。

とりあえず私はすぐに娘を抱え上げて抱っこしました。縦抱きして、背中をトントンしながら、後頭部の様子を確認しました。

後から聞いたところ、頭を打った場合はあんまり動かしたり揺さぶったりするの良くないみたいです・・・。私はひょいっと縦抱きにしてゆらゆらしちゃってたので反省。
この時、娘も私も裸です。まだ濡れています。娘は号泣。私もパニック。
とりあえず救急?!病院?!とパニックになりながら、スマホを探しました。
何かあったときにどこに電話をかけたら良いか、子供が生まれた頃にちゃんと準備していました。部屋の真ん中にあるクロークの棚に「こども医療でんわ相談 #8000」のシールを貼っていました。
これを見て、#8000にダイアルしました。もちろん初めてです。

 

#8000に繋がらず、さらにパニック
スマホで「#8000」にかけました。実はシャープの付く番号に電話するのも初めて。ダイアルした途端、切断。繋がらない。何度やっても繋がらない。本当にパニックでした。この時まだ裸。娘も裸のママ抱っこしています。
なぜだか分からないまま、とりあえず「119」に電話しました。

娘は見た目は泣いているけど意識もあるし異常は無さそうだし、最初っから救急車に電話するのはちょっと気が引けていたんです。

電話口の方に、「救急車を呼ぶほどじゃないかもしれないけど娘が落下した。でも相談したいのに#8000に繋がらないんです。」と伝えると、#7119を紹介されました。が、さっきもシャープの番号が繋がらなくて、シャープの番号使えないかもしれません!とパニック気味に言うと、03から始まる方の番号を教えてくれました。

後から教えてもらった番号を調べると、「東京消防庁 消防テレホンサービス 医療機関案内・救急相談」でした。
#8000は地域によって営業時間が決まっているようです。いつでも繋がるわけじゃないということを念頭に置いておいたほうが良さそうです。
ちなみに私がかけた時間帯は営業時間内だったのですが、パニクって変な操作をしていたのかもしれません。今となっては、なぜ繋がらなかったのか不明です・・・。

 

電話にて救急相談
119の電話はいったん切り、教えてもらった救急相談に電話しました。
この時、電話をスピーカーにして、とりあえず娘にオムツと服を着せながら話をしました。私はまだ裸で、髪はびちょびちょのままです。
女性の方に状況を説明し、子どもの状態を確認してくれました。
  • 子どもと目が合うか?
  • 焦点は合っているか?
  • 落下後、嘔吐したか?
  • 頭部に傷はあるか?出血しているか?
  • 母親目線でいつもと違う様子はあるか?

等、かなり細かく質問してくれ、娘と向き合いながら状態を確認しました。ここで私はかなり落ち着くことができました。

とりあえずは目に見える問題は無さそう、ということになりましたが、私が「落下後に泣かなかったからとても不安だ」という旨を伝え、お医者さんに確認を取っていただき、「念のために病院を受診するのが良い」という診断をいただきました。

 

救急相談から病院を紹介してもらえる
住所を伝えると、受診に行ける病院を5つ紹介していただけました。
ちなみにこの病院紹介の部分は自動音声で驚きました。夜間の救急がある、かつ、何かあったときのために小児科がある、とか考慮してくださっているリストだそうです。
うちの住所から近い順に5つ紹介され、すべてメモしました。
いきなり病院に行くのではなく、必ず受け入れ可能かどうか電話してから行くように、と言われました。

幸いリストの1つ目の病院が来て良いよと言ってくれました。

この時夜8時くらいになっていました。

 

病院に向かうまで
電話をしながら娘は服を着せていたので、私は軽く体を拭き、適当な服を着ました。

髪はもう乾かしてる暇ないから、そのままほっときました。しょうがないよね・・・

「いつもお風呂の後に授乳するので、お腹が空いていると思うが、授乳していいですか?」と相談窓口の方に聞いたところ、授乳OKと言われたため、授乳してから家を出ました。
一応、いつもと反応が違ったり、吐いたりむせたりするような様子があればすぐに中止するように言われましたが、そのようなことは無く、よく飲みました。
授乳中にスマホで主人に連絡。
抱っこ紐に子供を入れ、駅(徒歩4分)まで歩いてタクシーに乗り込みました。主人は偶然早く帰ってきてくれていて、職場から直接病院に向かってくれました。
救急相談に電話して少し落ち着いたおかげで、出発前に母子手帳・医療証・健康保険証を持っているかちゃんと確認しました。

 

病院での診察
夜間救急に到着し、「子どもが落下してしまって電話した者です」と伝え、問診票を書きました。お熱も測りました。待合室に案内され、かなり待たされました。
30~40分は待ったと思います。
その間に主人が到着。そこまで混んでいるわけではありませんでしたが、待合室には3組くらいいました。後から来た2歳くらいのお子さんは、薬を誤飲したというようなことを言っていて、うちより先に診察に通されていました。

もちろん緊急性の高い人が先だからね。

ようやく名前を呼ばれる頃には、娘は主人にあやしてもらって普通に笑っていました。

診察室では、救急相談で確認されたのと同じような質問がありました。吐いていない、いつもと様子は変わらないという回答をし、見た目も笑っているし問題なさそうですね、と言われました。

この時、娘は私が抱っこしたままで、お医者さんの触診とかはありませんでした

子供が落下して頭を打った場合、脳が損傷していないか調べるためにCTスキャンを取るという方法もある。だけど、赤ちゃんは動いてしまうから、CTをするために全身麻酔を打たなければいけない。全身麻酔をして、微量のX線を浴びさせてまで検査をしなきゃいけない事例ではなさそうなので、今日こちらでできることはありません。

と説明を受けました。

なるほどと納得し、受付を済ませ、初診だったので病院のカードを作ってもらって帰宅しました。

私の区では乳児の医療費は無料なのですが、夜間救急でも無料で、この日の会計はありませんでした。

 

 

その後の経過
しばらく様子を見ていましたが、吐いたり、目の動きがおかしかったり、様子がいつもと違うといった症状は出ませんでした。
ただ、後頭部はあとから赤くなってきていました。(ちょうど寝ハゲの部分で目立ってました)
念のため、たかいたかい等の激しい動きのある遊びは止めて、あまり揺らさないように気を付けました。
今回の落下で学んだこと、心に刻んだこと
  • #8000は繋がらない時間帯もある
  • 何かあったときは119に連絡しても良い(私はなんか気が引けてしまっていた)
  • #7119はかなり丁寧に対応してくれる。落ち着きを取り戻せる
  • 子どもが頭を打ったら揺らさない
  • 急いで受診しても何もできないから、様子を見てもいいかもしれない
  • 寝返り始めたら高いところには置かない
  • 今度からお風呂あがりは洗面台の上でお世話するの止める
  • パニックになっても私しかいないからまずは落ち着く
娘は元気で、問題なかったようで本当になによりでした。
今回のパニックの要因の1つとして、私も娘もお風呂上りだったことがあると思います。病院に行こうにも、体拭いて服着ないと外に出れない、という状態にストレスを感じたように思います。

ちなみに髪はいつの間にかぼっさぼさに乾いてました。風邪ひかなくて良かった。

 

子どもに何かあったとき、自分のことは二の次になるというのはこういうことなんだな、と実感しました。

もっと気を付けよう、と誓いましたが、きっと今後も何かしら怪我やトラブルがあるでしょう。なるべくパニックにならないように、落ち着いて行動しよう、と心に刻みました。

#8000の公式ページはこちら

コメント