ハンドブレンダーごっくん期過ぎたら使わない?実はカミカミ期にも大活躍!

手作り離乳食を頑張るママパパのお助けアイテム、「ハンドブレンダー」ですが、ごっくん期を過ぎるとドロドロ状ではなく粒を残したみじん切りにしないといけないため、ブレンダーの出番が少なくなるんですよね。

でも離乳食後期のカミカミ期になってまた出番が増えてきたので、ブレンダーやっぱり持ってて良かった!ということについてお伝えしていきます。

 

離乳食を初めて最初のか月(ごっくん期)はブレンダーに頼りっきりで、神アイテムだなと思っていました。
なんでもブレンダーでガーーッとしてどろどろペースト作って完了です!

しかし、離乳食中期(もぐもぐ期)に入ると、少し粒を残したり形状が変わってきました。
ブレンダーだとドロドロになりすぎるので使えず、泣く泣く延々とみじん切りをしなければなりませんでした。

この頃は、ブレンダーは役に立ったけど短い命だったな・・・と思ってたよ

ブレンダーすぐに使わなくなっちゃったなと残念に思っていましたが、生後9か月を過ぎて離乳食後期(カミカミ期)に入って、手づかみ食べを始めるようになると状況が好転!

手づかみ食べに最適なお焼き作りにブレンダーが超使えるのです!

この記事では、掴み食べを始めた娘のために作った「大根もち」の調理工程をお見せします。

ずぼらなのでレシピも見ずにオリジナルで適当に作ってまーす

 

 

まずは大根テキトーな量を用意してかつら剥きしました。

大根切りまーす

適当に切ってブレンダー容器にINします。

細かくしてIN!

ブレンダーをうぃーんとして、簡単に大根おろしを作っちゃいます。

ブレンダーでガガー

できました。

大根とろとろ

だいぶ水分が出たので、絞ります。

水切り

大根おろしができました。

大根おろし

大根だけだと寂しいので、ストックしてあった野菜を使います。

ブロッコリーとにんじん

レンジでチン!して解凍です。

解凍できた

できた野菜をブレンダーにINします。

野菜もIN

美味しくなるかな~と思って、ツナも入れてみました。

無添加のツナ

目分量で小麦粉もざざーっと入れます。

テキトーにIN

材料全部入りました。

オールIN

ブレンダーでががーーっと数秒。
水っぽすぎたら小麦粉をちょっと足してもう1回ブレンダーします。
これで大根もちの元が完成です!

できた!

スプーンでぽいぽい焼いていきます。

焼くよ~

スプーンで適当に落としてるだけなので形は不格好です^^;

じゅーじゅー

弱火でじわじわ焼いてひっくり返します。

裏っ返し

大根もち、完成です!

できた!

 

大根をおろす手間とか、材料をコネコネする手間がすべて無く、洗い物も格段に減りました!
ブレンダーがあるとお焼きを焼くのは本当にラクチンです。

私は他にも、こんなもの作っています。

  • ひき肉でお子様ハンバーグ
  • ジャガイモでお焼き
  • かぼちゃと野菜のお焼き
  • 豆腐とお野菜のお焼き
  • バナナでお子様パンケーキ

だいたいメインの材料+テキトーな野菜+豆腐or小麦粉で出来るので、すっごくラクチンです!
ちなみに、大根もちの日はこんな感じのご飯になりました。

ある日の娘ごはん

手作りで離乳食を頑張ろうと思っている方、ハンドブレンダーは末永~く使えるので、やっぱりオススメです!

ご参考:
離乳食初期に書いた記事はこちら

コメント