夜間断乳レポート!やってみたら本当に一晩中寝てくれるようになりました!

夜泣き深夜の授乳睡眠不足・・・小さい子を持つ親には馴染みのお悩みですね。

我が家では夜間断乳を始めた結果、娘が当たり前に一晩中寝てくれるようになって生活がガラッと改善されました!
夜間断乳をやってみて心底良かったなと思うので、産後ずっと記録している育児ログの睡眠データと合わせて、夜間断乳についてご紹介します!

 

夜間断乳とは?
夜間断乳とは、昼間はいつも通りに授乳をして、夜間のみ授乳をしないという方法です。
一言でいうと、「夜寝たあと、深夜・早朝に泣いても授乳をしない」のです。
完母・完ミ・混合のどれでも関係ありません。
問題は、「夜中泣いて起きたときに、おっぱいをあげずにどうやって寝かせるか」ということですが、背中をトントンしたり、泣きやむまで抱っこしたりして寝かしつけるママが多いようです。
生後5、6か月頃を過ぎると、おっぱいやミルク以外からも水分・栄養を摂取できるようになりますし、一度にたくさん飲んだり食べたりできるので、新生児期のような頻回授乳の必要が無くなってきます。
夜中に泣いて起きる赤ちゃんも、授乳によって安心感を得て眠りたいというだけで、特にお腹が空いているわけではないことがあるそうです。

 

夜間断乳の準備
夜間断乳を始めるタイミングは人それぞれですが、離乳食が始まり、夜間の授乳量が減ってきた時期が良いようです。
私は娘が生後6か月頃から「夜間断乳」というワードが気になりはじめ、キリの良い月初からスタートしようと決意しました。
うちは生後5か月から離乳食を開始していて、断乳スタートの時はごっくん期からモグモグ期に移行する時期でした。
いきなり断乳をするのではなく、子供に言い聞かせをするところから始めました。
「あと1か月したら夜のおっぱいはナイナイだよ」
「あと2週間したら夜中におっぱいはあげないよ」
「来週からはこれあげられないからね」
「明日から夜はトントンで寝ようね」
・・・と毎日毎日予告していました。娘は当時6か月なので、キョトンとした顔をしていましたが、自分の中でも決意を固めるのに良い期間でした。

 

夜間断乳の結果
夜間断乳を始める前の1か月間は、以下のようなリズムで眠っていました。

2月の睡眠データ

夜中の24時~朝までの部分をピックアップしました。
緑の部分は娘が寝ている時間、白い部分は起きている時間です。
結構起きてしまっているのが分かりますね。
夜中の白い部分は、いつもたいてい泣いています。トントンして添い寝したり、おっぱいをあげてみたり、抱っこして歩き回ったり・・・いつも疲れ果てていました。

夜間断乳を開始して1か月間の睡眠リズムは以下のようになりました。

3月の睡眠記録

明らかに長く眠ってくれるようになっています!

夜泣きが全く無くなるわけではありませんでしたが、夜中起こされるのは数日に1回のペースになり、気が付いたら朝までぐっすり!ということが増えました。

睡眠時間が増えて身体がラクになったのはもちろんだけど、「今晩はいつ泣くかな、どれくらいで寝てくれるかな・・・」と考えながら夜寝ることが無くなり、「今日も一晩中寝れるかも♡」と期待したなが寝付くのは精神的にすっごく気持ち良かった!

メンタルがかなり回復!

 

大変だったこと
夜間断乳は、結果的には夜泣きが減ってとてもラクになったものの、最初の数日はかなり大変です。
自分との闘いです。
理由は単純。夜中に泣いてもおっぱいをあげられないからです。

この泣き方だと、おっぱいあげればすぐ寝るのになぁ~っていう時でも、ひたすらトントンのみで寝かせないといけないからかなり時間がかかる・・・

特に最初の3日間は、すっごくしんどかったです。
でもとりあえず1か月は続けてみよう!と決めていたので、めげそうになりながらなんとかやっていました。
1週間を過ぎると、いつの間にか朝になっている!という日が増えました。
娘の泣き声で起こされず朝まで夜通し眠れるというのは、本当に感激でした。

 

夜間断乳の進め方は人それぞれ
夜間断乳については、WEB検索するとたくさんの情報が出てきます。
私も最初は、情報が多すぎて何が正しいか分からなくなってしまいました。
そんな時、先輩ママ友の話を聞いたのが、私もトライしてみよう!と思えたきっかけでした。

夜間断乳してからやっぱりすごくラクになったよ~。

最初はかなりキツいけどね。

うちは結構自己流だよ。ルールはオリジナルでテキトーに作ったよ(笑)

そっか!

何時~何時とか、別に決まりなんてないよね。

うちの家に合ったやり方でゆる~くやってみれば良いよね!

 

ということで、我が家の夜間断乳は以下のようなルールに決めました。

夜24時~朝6時までは断乳する。

以上!
夜の断乳スタート時間がかなり遅いのは、夜中の22時とか23時におっぱいをあげることが多いからです。
うちの普段のタイムスケジュールはこんな感じです。

  • ~18時 お風呂
  • ~19時 おっぱい・寝かしつけ
  • ~23時 旦那帰宅。娘起きる。

旦那の帰宅時間はまちまちですが結構遅めです。
そして、娘は確実に帰宅に合わせて一度起きてしまいます。
少し旦那と遊んでから寝るのですが、この時いつもおっぱいをあげています。このタイミングの授乳は止めたくなかったので、24時以降断乳というルールにしました。

 

まとめ
夜間断乳は、ある程度赤ちゃんが成長してきたら、夜通し寝るための練習として本当にお勧めです!
断乳や卒乳に向けた第一歩にもなります。
色々な情報が飛び交っていますが、それぞれの家庭に合わせたリズムでやってみるのが一番だと思います。
ただし、「夜間断乳をしよう」と決めたら、「やっぱり今日はおっぱいあげちゃおう」とか中途半端なことをしてはいけません。
断乳は一貫してやる必要があるので、無理のないサイクルでトライしてみてください!

コメント